ABOUT

DJECO(ジェコ)とは

 

DJECO(ジェコ)ってどんな会社?

ジェコは母から子へと時代を超えて継がれた、創造性、大胆さ、情熱を持ったフランスのおもちゃ会社です。
いまでもセーヌ川のほとりにあるオフィスはいつも楽しみながら働いている社員たちの笑い声で満ちあふれています。私たちは素敵なおもちゃを考案することに何よりも時間を費やします。

遊びは子供の成長にとって大変重要なものです。
ジェコのコレクションは、何よりも楽しく、知育的であり、想像力を育むものです。
情熱的で独創的なジェコの創造チームは、その美術的な取り組みを進めるため、才能あるイラストレーターに、ジェコのおもちゃをいっそう良いものにするよう依頼しています。

DJ06433aDJECO(ジェコ) DJ06206a DJ06555_ 3

私たちの物語

それは、母から息子へと受け継がれてきた家業の物語ーー。
創造性・大胆さ・情熱を持つ、時代を超越した会社のお話です。

DJECO(ジェコ)の創立

ジェコは、ヴェロニクミシェルダレスという一人の母親から始まりました。
彼女は1954年に小さな会社を設立しました。
その当時は、女性が企業することは、ほとんどありませんでした。
彼女は「FourThursdayLotto」という抽選ゲームや
「MyFleaHouse(訳:ノミの家)」という教育ゲームなどを考案しました。

沿革

1954年 Veronique Michel-Dalesにより設立
1950~60年代 知育ゲームで数々の賞を受賞。企画活動、販売網の拡大を行う。
1989年 Frederic Michel-Dales販売網引継ぎ
1993年 木製関連パズル、はめ込みパズルを企画
1996年 マグネチックコレクション(磁石のついたゲーム、知育関連)企画
1999年 厚紙のパズル関連企画
2002年 木製の玩具類企画
2003年 Zamilooを企画
2005年 子供部屋を飾るデコレーションアイテム企画
2007年 子供達にデザイナーの感性・創造性を伝える商品「In Design」を企画

DJECOは毎年コレクションを拡大させ、フランスの市場においてブランドを強化。
そのコレクションは、フランスで開催されるメゾンオブジェ、ドイツのニュールンベルグなどの
展示会により、毎年発表されております。

その製品には、DJECOの完璧で首尾一貫した教育的なゲームのシリーズを提案しています。
それは、子供の想像力を育み、教育の方法にも最適といっても良いでしょう。

DJECOの製品は現在、世界60カ国で販売されております。

 

DJECOという名前の由来

「DJECO」という名前は、“Gecko(ゲッコ)”というトカゲからつけられています。
Geckoには、その姿を見たり、それが家に住み着いたりすると幸福になるという言い伝えがあります。
現在の社長の母が、ある旅先でトカゲ(Gecko/ゲッコ)が石の上にたくさんいるのを見ました。
その話を聞き、みんなが幸福になれるようにと「DJECO」という会社の名前をつけたのです。
「DJECO」のロゴマークがトカゲなのもそういう由来があるからです。

official-djeco-logo

ページ上部へ戻る